温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

リクルートカードと、じゃらんnetで温泉旅へ。

ひとりで行く温泉旅で泊まる宿は、基本的にじゃらんnetで予約しています。宿が「オンラインカード決済」を受け付けていれば、クレジットカード「リクルートカードプラス」で決済するようにしています。それでポイントが結構たまり、次の温泉旅で宿代を節約することができるのです。

残念ながら「リクルートカードプラス」は新規受付を停止してしまったのですが、姉妹カード?の「リクルートカード」であれば、まだ新規につくることができます。 

今回はそんな、じゃらんnetとリクルートカードを使った温泉宿の予約について書いてみます。

f:id:yu-snfkn:20170624121305j:plain

 

 

じゃらんnetについて

じゃらんnetについては、以前記事を書いてみたことがあります。楽天トラベルのほうが掲載宿の数が多いのですが、じゃらんnetにも長所はありますし、場合によって使い分けをしています。

www.onsen-oh-yu.com

リクルートポイント

じゃらんnetで宿を予約すると、宿泊代の支払いが現金払いでもカード払いでも、宿泊費の2%のリクルートポイントがもらえます。たとえば1泊10,000円の宿であれば、200ポイントがもらえます。これを次回以降に使うわけです。

さらに、次回以降の予約で手持ちのポイントを使ったとしても、ポイントはポイントが引かれる前の値段の2%がつくので、何だかお得。10,000円の宿で1,000ポイント使って9,000円で泊まったとしても、この後もらえるポイントは200ポイントなわけです。

リクルートカード

じゃらんnetを運営しているのはリクルートグループですが、リクルートが出しているクレジットカードが「リクルートカード」。年会費は無料で、JCBとVISAの2種類あります。

このカードはポイントが1.2%つきます(2017年時点)。たとえば10,000円の宿に泊まると、120ポイントもらえます。じゃらんで予約してリクルートカードで支払った場合、別途じゃらんを使ったことに対する2%のポイントが付くので、10000円の宿なら合計320ポイントがもらえるわけです。

リクルートカードプラス

以前は「リクルートカードプラス」というクレジットカードもありました。

ありました、と過去形で書いている理由は、このカードが今は新たに作ることができないからです。なぜもう作れないのかは推測になってしまいますが、還元率が2%だったからだと思います。お得すぎたのでしょうね。

今持っている人は引き続き使えるのですが、いつカード自体がなくなるのか、心配ではあります。

温泉宿で、リクルートポイント

自分はリクルートカードプラスを持っているので、日々の買い物や温泉旅の乗車券等もリクルートカードプラスで払うようにしています。そうすると宿の利用以外でも結構リクルートポイントが貯まるので、じゃらんnetで宿を予約するときはポイントを使うことが多いです。

ただ、ポイントを使うとき、2つ気になることが。

ポイント値引き、大丈夫?

チェックアウトしてお金を清算するときに、宿がポイント値引きを忘れていないか、ちょっと心配になったりします(苦笑)。心配しておいてあれなのですが、忘れられていたことはほとんどありません。1度くらいあったのかも知れませんが、覚えていません。。

念のため、予約内容が分かるものを持っていくようにしています。以前はじゃらんnetの予約画面を印刷した紙を持って行っていたのですが、最近はスマホじゃらんアプリで予約内容が表示できるので、何かあったらそれを見せられるようにしています。

ポイント使うと宿は損する?

ポイントを使うと泊まった人が支払うお金は少なくなるので、宿の収入は減ってしまうのだろうか、と思って調べたことがあります。ネットで見る限りでは、ポイントを使った分はリクルートから宿に支払われるらしく、ポイントの分を宿が損することはないようです。

なので、それを信じてポイントをどんどん利用させていただくことにします。

 

さて、今度はどこへ行こうかな。じゃらんで予約だな。。