読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

温泉ひとり旅の記憶 2006年

エトセトラ

初めてひとり温泉旅をしたのは2006年のことでした。
もう11年も前になるのですが、今でも結構当時のことを覚えています。
新卒で入った会社を辞めて転職しようかどうか、あれこれ迷っていた時期ではあります。そんな時、温泉旅は自分にパワーをくれた気がします。

f:id:yu-snfkn:20170313230900j:plain

始まりは高遠

信州の南側に、高遠という城下町があります。
戦国時代に詳しい方ならご存知かもしれませんが、武田信玄の五男「仁科盛信」が、1582年に織田の大軍と戦い、ここで命を落としています。武田家はその後、あえなく滅亡。
今は、桜の名所として有名なところで、平成になってからは温泉も掘削されて、温泉に入れるようになりました。温泉というよりは、高遠に行きたくて、高遠温泉を最初の温泉旅に選んだ次第です。

f:id:yu-snfkn:20170313231053j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

ひとりで温泉宿に泊まる

温泉宿に一人で泊まることはできない、とずっと思っていました。これまでもひとり旅はしていたのですが、宿はたいていビジネスホテル。シングルルームがあるので、一人でも気兼ねなく泊まれるからです。
温泉宿にも一人で泊まってみたくなり、今ほど多くはなかったネット上の情報を調べ、予約サイトから、温泉宿に一人で泊まれるプランを見つけたのでした。一人でも問題なく温泉宿に泊まれるとわかってからは、すっかりはまってしまうことになります。

yu-snfkn.hateblo.jp

下部温泉でゆっくり考えた

今もそうなのですが、ぬるめの温泉が好みです。じっくり入りながら、いろいろなことを考える。そういうのに、ぬるめの温泉は向いているのです。
山梨県下部温泉。30度そこそこのぬる湯が有名ですが、初めて下部温泉に泊まったのも2006年です。
下部温泉は「信玄の隠し湯」として有名ですが、武田信玄もじっくり下部のお湯に浸かり、いろいろ思いを巡らせたのかもしれません(トイレで戦略を練っていた、という伝承はあるようです)。
もちろん、自分はどうってことない一般人ですが、信玄公のようにゆっくりじっくり、自分の今後を下部で考えたのでした。
その結果、今の自分がある、と言えば大げさかもしれませんが。

f:id:yu-snfkn:20170313231505j:plain

国民保養温泉地を巡る

下部温泉もそうですが、国民保養温泉地というのがあると知り、しばらくの間は各地の国民保養温泉地を巡っていたのでした。この年に行った国民保養温泉地は、肘折温泉鹿教湯温泉板室温泉、畑毛温泉、湯宿温泉、四万温泉です。
どこも湯治カラーの強い、泉質のいい温泉ばかり。

結局、思うところあって転職をして、今に至るわけなのですが、その中でいろいろ、自分の考えを当時の自分なりに整理できたのは、温泉旅のおかげだったのかな、と今は思います。思いを整理して、次の年に進んでいったのでした。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

 

次の年のことも、気が向いたら書いていきたいと思っています。
さて、今度はどこへ行こうかな。