読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

新潟県 湯之谷温泉郷(栃尾又温泉・折立温泉...)のご紹介

*2017/5/18 改訂

新潟県は首都圏からはちょっと遠くなるのですが、一番首都圏から近い中越地方へはよく行っています。湯之谷温泉郷、というとあまりピンとこない人も多いかもしれませんが、その中の「栃尾又温泉」が好きで、これまで何度か泊まってきました。

温泉郷、ということで複数の温泉地から成り立っておりまして、湯之谷温泉郷の温泉を麓側から並べてみると、

と、並びます。

栃尾又温泉以外だと折立温泉に2度泊まったことがあるのと、駒の湯温泉に一度立ち寄ったことがあります。

f:id:yu-snfkn:20170518231221j:plain

 

 

1.栃尾又温泉・折立温泉の泉質

どちらも泉質は似ていますが、栃尾又温泉のほうがより特徴的です。

栃尾又温泉の泉質

カテゴリーはずばり「放射能泉」。天然のラジウムが含まれているそうです。それも、日本有数の含有量らしく、不妊(男女ともに)、不眠等に効能があるとのこと。

実際入ってみるとぬるめのお湯で、ちょうど人肌くらいの温度です。飲泉もできまして、飲むとまろやかな口当たりで甘みがありました。

いくつか源泉があって、お風呂によって使用している源泉が異なるようです。温度も様々で、少し高めの温度の源泉もあるようです。あまり気にしないで入っていたので、今度泊まるときは確認してみます。。

折立温泉の泉質

温度と浴感は栃尾又に似ています。無色透明の単純温泉。ぬるめなのでこちらもじっくり入るのがおすすめです。

f:id:yu-snfkn:20170518231328j:plain

2.湯之谷温泉郷へのアクセス 

JR上越線「小出」駅から栃尾又温泉までバスが出ていて、駒の湯温泉、銀山平温泉以外の湯之谷温泉郷の温泉地に行くことができます。

また、季節、曜日によっては上越新幹線および上越線浦佐」駅から、銀山平までバスが出ているようです。駒の湯温泉へは、公共交通機関の便はありません。

首都圏から最寄り駅までは、JRもしくは高速バスで向かうことになります。

f:id:yu-snfkn:20170518231406j:plain

JRで向かう

浦佐駅

浦佐駅上越新幹線が停車するので、東京から乗り換えなしで行くことができます。駅前は閑散としていますが、少し歩いたところに「越後ワイナリー」もあります。

温泉郷への路線バスは基本的には2駅隣の小出駅から出ているのですが、季節によっては浦佐駅から出ている場合があるのと、宿によっては浦佐駅から送迎していただける場合がありますので、宿に確認してみることをお勧めします。

小出駅

浦佐駅で新幹線を降りて在来線に乗り換えて、2つ隣の駅。ここから栃尾又温泉行のバスが毎日走っています。宿によっては、小出駅から送迎していただける場合もあります。

f:id:yu-snfkn:20170518231455j:plain

高速バスで向かう

小出駅温泉郷との間に関越道の小出インターがあり、そこに東京(池袋)からの高速バスが停車します。2キロほど歩くと栃尾又温泉行きのバスが泊まるバス停があり、高速バスを降りて歩いて、栃尾又温泉行のバスに乗り換えることが可能です。

歩く必要があるのと、高速バスだけに渋滞して時間通りにつかないリスクがあるのでちょっと難易度は高いのですが、やってみると意外と便利です。

f:id:yu-snfkn:20161030214157j:plain

3.湯之谷温泉郷のお店 

温泉郷の中はお店はあまりなさそうです。かくいう自分も、いつもは小出駅か、途中の越後湯沢で買い物を済ませてしまうことが多いです。また、小出駅から宿のお迎えの車に乗った時、途中のコンビニに寄ってもらったこともあります。

湯之谷温泉郷の中で一番く大きな温泉街は大湯温泉にありますが、そこなら若干お店があるようです。ということで、以下、ご参考まで。

http://www.yunotani.or.jp/wp-content/uploads/2011/02/map02.pdf

f:id:yu-snfkn:20161030213735j:plain

4.湯之谷温泉郷で泊まった宿 

宿泊は、折立温泉と栃尾又温泉のみですが、どこもお気に入りで、それぞれリピートしています。

折立温泉「やまきや旅館」

リーズナブルで食事の美味しい宿です。設備は民宿に近い感じです。嬉しいのは、夕食が釜飯と白米の両方出てくるところ。

yu-snfkn.hateblo.jp

栃尾又温泉「自在館」

栃尾又温泉に3つある宿の1つ。有名ですね。湯治用の部屋からベッドのある特別室まであります。他の2件と違って自家源泉を持っていて、そのせいかお風呂の数も多く、貸し切りで入れます。

yu-snfkn.hateblo.jp

栃尾又温泉「神風舘」

自在館に隣接する湯治宿です。栃尾又の3つの宿は互いに繋がっていて、それぞれに特徴があります。この神風館は湯治客向けで、安価に泊まれるのが特徴になっています。 

yu-snfkn.hateblo.jp

5.僕が栃尾又温泉・折立温泉に行く理由 

少なくとも、栃尾又、駒の湯、折立は、まろやかでぬるめの単純温泉なのですが、やはりこの泉質は長く浸かれて気持ちがよく、好みの泉質です。また、場所柄お米やお酒が美味しく、他の食べ物も美味しい。

中越新潟県の中でも関東に近い場所にあるので、比較的交通の便がいいのもあります。
今後は、温泉郷の中の他の温泉にも行ってみたいところですね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村