温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

浅間温泉・美ヶ原温泉:行き方、温泉街、泊まった宿のまとめ

*2018/3/11 改訂

温泉地の中には「〇〇の奥座敷」と呼ばれるものがあります。「〇〇」には町の名前が入るのですが、町から比較的近いところにある温泉地を、奥座敷、と呼ぶようです。

今回ご紹介する「浅間温泉」「美ケ原温泉」は、松本の奥座敷と呼ばれています。浅間温泉のほうが、より奥座敷と呼ばれているみたいです。

城下町松本の市街地からほど近く、松本近辺の観光の後に1泊するにはちょうどいい場所にあります。それでいて温泉街は静かで、くつろげる場所です。

スポンサーリンク ?

浅間温泉・美ヶ原温泉の概要

浅間温泉・美ケ原温泉ともに歴史の長い温泉地です。松本駅(松本バスターミナル)からバスで20~30分の距離にあります。温泉街は住宅地の中にあり、静かです。

どちらの温泉も、無色透明の単純温泉です。源泉の温度は浅間温泉の方が高めのようです。

長野県にある「浅間」温泉ですが、同じ長野県内にある浅間山とは50キロほど離れていて、場所的には関係がありません。

また、美ヶ原温泉は名前に「美ヶ原」がついていますが、場所的には美ヶ原高原のかなり麓にあります。別な場所だと思っていた方が良いですね。

f:id:yu-snfkn:20180311224022j:plain

浅間温泉・美ヶ原温泉へのアクセス

両温泉の最寄り駅は長野県の松本駅。松本までは、首都圏からは特急あずさ号に乗って約3時間、名古屋からは特急しなの号に乗って約2時間ほど。

www.onsen-oh-yu.com

松本駅の「お城口」を出てロータリーを抜けて反対側に渡ったところにある「松本バスターミナル」から、浅間温泉・美ヶ原温泉に行くアルピコ交通バスが出ています。

f:id:yu-snfkn:20180311215405j:plain

浅間温泉へのバス 

浅間温泉へ向かうバスの路線名は「浅間線」といいます。

バスは松本バスターミナルを出て*1、松本城の脇を抜け、少し走って浅間温泉の温泉街に入ります。温泉街をぐるっと回り、松本へと帰っていきます。浅間温泉まで、約30分。

f:id:yu-snfkn:20180311223027j:plain

浅間温泉に宿泊される場合は、泊まる宿の最寄りのバス停がどこになるのか前もって確認しておくとよいでしょう。

松本バスターミナルに案内板があるのでそちらで確認してもいいですし、運転手さんに泊まる宿の名前を伝えて、どこで降りればいいのか聞いてみるのでも良いと思います。

f:id:yu-snfkn:20170902121821j:plain

この浅間線の最終バスは、18時50分。やや早めです。(2018年3月現在)

もし、18時50分以降に路線バスで浅間温泉に行きたい場合は、手前の「浅間温泉入口」バス停まで行ってくれるバスが多数出ていますので、それに乗ることになります。

これらのバスに松本バスターミナルから乗るときは、浅間線と同じ乗り場、もしくはその隣の乗り場から出ていますので間違えにくそうです。

と言いつつ、知らない街の路線バスって乗り方が分かりにくいので、バスターミナル内のチケットカウンター等で確認すると良いかと。

なお、こちらのバスは最終が22時ころまであります。もちろん、宿のチェックインできる時刻(もしくは、門限)に間に合うように乗りましょう。

f:id:yu-snfkn:20170902123011j:plain

「浅間温泉入口」バス停から浅間温泉の中心部までは、徒歩で約10分程度の距離です。もちろん「浅間温泉入口」バス停から近い宿もあります。

美ヶ原温泉へのバス 

こちらも浅間温泉と同じバス会社、アルピコ交通バスの「美ヶ原温泉線」で向かうことになります。乗り場も同じく、松本バスターミナル。

バスは浅間線と同じく松本城のわきを通り、美ヶ原温泉の温泉街に着くと、温泉街をぐるっと回って松本に戻っていきます。美ヶ原温泉までは20分ほど。

バスの本数も多く、最終バスも20時過ぎまで走っています。

f:id:yu-snfkn:20170902123410j:plain

浅間温泉・美ヶ原温泉の温泉街

浅間温泉・美ヶ原温泉ともに、住宅街の中に温泉宿とお店がある感じの温泉街です。お店あまり多くありません。お店の数は、浅間温泉のほうが若干多め。

松本の中心部から近いので、個人的には買い物は温泉に着く前に松本で済ませてしまうことが多いですし、夕方にバスで松本に出て夕食を取って宿に戻ることもできます。

静かなところで、古い建物も多いので、明るい時間帯にのんびり散歩すると、結構気持ちがよさそうです。特に美ケ原温泉は、より落ち着いた雰囲気です。

(浅間温泉)

f:id:yu-snfkn:20180311222959j:plain

(美ケ原温泉)

f:id:yu-snfkn:20180311223731j:plain

浅間温泉・美ヶ原温泉で泊まった宿

浅間温泉には2回、美ヶ原温泉には3回行ったことがあります。(2018年3月時点) 

浅間温泉「尾上の湯旅館」 

ここは妻と行きました。ドラマ「白線流し」のロケで使われた宿です。建物も古くていい雰囲気です。

浅間温泉は旅館の数は多いのですが、何故か「〇〇の湯」という名前の宿が多いです。

f:id:yu-snfkn:20170204230951j:plainyu-snfkn.hateblo.jp

浅間温泉「香蘭荘」

もう1件、尾上の湯のさらに先にある、こちらの宿にひとりで泊まったことがあります。古くて歴史のある宿でした。温泉は源泉かけ流し、さっぱりしました。

yu-snfkn.hateblo.jp

美ヶ原温泉「富田屋別館」

金曜日の夕方に都内を出て、夜遅くにチェックインして泊まった宿です。お得な値段で泊まれましたが、アメニティや設備は充実していました。

www.onsen-oh-yu.com

美ケ原温泉「百日紅の宿 丸中旅館」

こちらもひとりで泊まりました。敷地の中央に百日紅(さるすべり)の古木がある、これまた歴史の長そうな宿。こちらもお得なお値段でしたが、きれいな宿でした。

www.onsen-oh-yu.com

もう1件、かなり前に「大西荘」という旅館に泊まったことがあったのですが、こちらはどうやら廃業されたようです。 

スポンサーリンク  

僕が浅間温泉・美ヶ原温泉に行く理由 

ということで、簡単にまとめてみます。

  • 松本から近くて便利。夜遅くまでバスが走っているので、早めにチェックインして荷物を置いて夜に松本に出て夕食を取って(お酒も飲んで)宿に帰ってくる、とか、夕方の特急列車で夜に松本入りして、遅い時間にチェックインする、という利用もしやすいです。
  • ちょっと古くて寂しい感じも自分の好み。松本市街に近いところにありながら、温泉街は静かで、宿も古い建物が多いです。こういうの好きなんですよね…

f:id:yu-snfkn:20180311224402j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 

*1:日中のバスは松本駅前を出て松本バスターミナルに寄ります