読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

山梨県 増冨温泉 観光ホテル金泉閣('08)

’12以前 山梨県 ひとり泊

日本百名山「みずがき山」登山の前泊で利用しました。
増冨ラジウム温泉へは、以前別の宿「津金楼」に泊まったことがあったのですが、

yu-snfkn.hateblo.jp

今回は当時じゃらんnetで予約可能だった「金泉閣」を選んでみました。
(今はじゃらんでは予約できないようです)

f:id:yu-snfkn:20160922123901j:plain

JR韮崎駅からバスに長く乗り、増富温泉で下車。温泉街の中心にあります。昔からの宿のようで、建物は古めです。

部屋にはバス・トイレ・洗面所がありますが、何故か浴槽やトイレが濃いピンク色で、ちょっと落ち着かない感じでした。もちろんそれ以外は普通の和室です。

お風呂は男女別の内風呂があります。源泉そのままの冷たいお風呂と、沸かし湯があります。冷たい風呂に入ってから、沸かし湯で体を暖めて上がるといいようです。
成分の濃そうな、黄色いお湯(お水?)です。口に含むと錆びた鉄の味。効能は強そうです。

f:id:yu-snfkn:20160922124306j:plain

風呂場は広くはないのと、湯治で長湯される高齢の方が多いからなのか、常時賑わっていました。ぬるい温泉にじっくり入るのが体に良いのでしょう、長湯される方が多そうです。
湯治ではなく登山の前泊で来ていたのは私くらいのようで、やや場違いな感じではありました。

最上階に、温泉ではなかったのですが展望風呂があり、こちらは空いていたので体を洗うのに利用しました(2008年時点)。

f:id:yu-snfkn:20160922124426j:plain

食事は2食ともお部屋でいただきました。お値段の割になかなか美味しく、満足度が高かったです。

翌朝、朝一番のバスに乗ってさらに登り、みずがき山荘から登山して帰ってきました。
下山後に、日帰り入浴施設「増冨の湯」で汗を流し、麓の「ミサワワイナリー」でワインを試飲し、何本か買って帰宅しました。

金泉閣に泊まったのはかなり前なので、現在は内風呂もリニューアルされているようで、屋上の展望風呂も今はもうないかもしれません。

 

(2008年9月宿泊)

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村