読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

栃木県 川治温泉 登隆館('16他)

栃木県 リピート ひとり泊

鬼怒川温泉の北にある川治(かわじ)温泉の中でも安く泊まれる(1泊2食7,000円くらいから)宿です。
じゃらんnet等のクチコミでは、設備面に関する良くないコメントが多々ありまして、行こうかどうか迷っていたのですが、大浴場が良いらしいというのが気になり、えいや、で行ってみました。

f:id:yu-snfkn:20160901000827j:plain

川治の温泉街では男鹿川を挟んで旅館が並んでいますが、 登隆館の反対側には大きくて高級そうな(少なくとも数千円では泊まれなそうな)旅館が建っています。
ほんのりですが、あっちは高級旅館でいいなぁ、という気持ちにもなります。実際はどんな宿なのかは分かりませんが。
↓右側の建物が登隆館です。

f:id:yu-snfkn:20160719094745j:plain


この宿の一番の特長は、源泉が豪快にかけ流されている大浴場です。
だだっ広い大浴場は基本的に男性用で、女性用のお風呂はその隣にありますが、こちらはこじんまりしています。夜の一部の時間帯で男女が入れ替えになります。f:id:yu-snfkn:20160719095028j:plain

川治温泉はぬるめの無色透明のお湯で、長風呂するにはもってこいです。ただ源泉温度は40℃を下回るらしく、深夜早朝を除き加温しているそうです。
有料の小さな貸切風呂が別途あるので、加温なしの温泉を楽しむこともできます(貸切風呂の温泉は、加温もできるようです)。
 
食事は2食とも部屋でいただきます。
値段の高いプランで泊まったことはありませんが、7,000円そこそこのプランだと値段相応かな、という感じでした。 素泊まりにしても良いのですが、夕食を取れそうなお店は多くはありません。
f:id:yu-snfkn:20160719095244j:plain
 
建物、部屋、設備については、ネット上のクチコミの通りでして、そこが許容できる、ぬるめの温泉好きの方なら、安いプランを選んで泊まってみるのもよろしいかと思います。
万人受けはしませんが、私は何故だかそこそこ気に入っていて、また行こうと密かに思っています。
 
 

(2015年7月,2016年2月宿泊)

関連記事

次の日に泊まった宿はこちらです。

yu-snfkn.hateblo.jp

同じ川治温泉の旅館に泊まった記録です。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村