温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

上諏訪温泉 旅荘 二葉にひとり泊(’17)

諏訪地方は首都圏からも近くて日帰り圏内ではあります。それもあって諏訪に泊まったことはあまりなく、行ったことのない場所も結構あったので、2017年最後の温泉旅は、上諏訪温泉に宿を取ることにしました。

温泉が自家源泉かけ流しらしく、いいお湯に入れそうだった「旅荘 二葉」を選んでみました。(2017年12月宿泊)

建物とお部屋

旅荘 二葉は、JR上諏訪駅の「諏訪湖口」から程近い場所、上諏訪温泉の旅館が多くある中にあります。上諏訪駅には改札が1つしかないのですが、その改札を出て右側に歩いて行って、階段を上って線路を渡った反対側が「諏訪湖口」です。

建物はそこそこ古くてこじんまり。案内されたお部屋は2階建ての2階で、6畳の和室でした。冷蔵庫、金庫、洗面所は部屋にありましたが、トイレは共用でした。廊下が畳敷きになっていて、スリッパ不要で歩けるのは少し嬉しいところですね。

f:id:yu-snfkn:20180103222510j:plain

温泉とお風呂

1階に男女別の内風呂と露天風呂があります。自家源泉のかけ流しとのことですが、脱衣所の掲示には「循環あり、塩素消毒あり」とあります。見る限り循環はしていなそうでしたし、塩素消毒の臭いもしませんでしたが。

内風呂はやや小さめですが、部屋数も多くないので、お風呂が混んでいることはありませんでした。少量の湯の花が舞う、透明で熱めのお湯。12月の宿泊だったので、ちょうど気持ちい温度。入るとざっぱーん、お湯があふれていきます。

露天風呂は内風呂の先にあるドアを開けたところにあります。温泉街の中にある宿なので開放感はあまりないものの、お湯の温度が熱めなので、外気にあたる露天風呂のほうが気持ちよく温泉に入れるのでした。

露天風呂の浴槽わきにある蛇口をひねると温泉が出て、そのお湯が飲泉可能になっていました。上諏訪温泉で飲泉の許可を得ているのは、ここ旅荘 二葉のみなのだそうです。

温泉は用意されている紙コップで飲むのですが、お風呂の中で紙コップ、というわけで、紙がすぐふにゃふにゃになったり、溶けたりしないかなとちょっと心配にもなりました。良い子のみんな、紙コップで遊んじゃダメだぞ、と念のため。

男湯と女湯との間に水やお茶が飲めるサーバーがありました。湯上りに飲めるのはいいですよね。露天風呂は紙コップでしたが、こちらは陶器の湯のみが用意されていました。(逆の方が良いのではなかろうか。。。)

f:id:yu-snfkn:20180103223324j:plain

お食事

今回は素泊まりだったので、宿の中で食事をいただいていません。ただ、宿は上諏訪駅からも近く、上諏訪温泉の温泉街自体が飲食店の多いところなので、食事をとるお店に困ることはなさそうです。コンビニも多数あり。

お部屋に飲食店のマップが用意されていて、それぞれのお店の営業時間、定休日、クレジットカードの利用可否が書かれていて役に立ちました。

一般的に、素泊まりの時は夕食は外で取ればよいのですけど、朝食に困ることが多いです。が、旅荘 二葉では、向かい側の「上諏訪ステーションホテル」か、その先の「ビジネスホテルシェモア」1階にある「秋月そば」の朝食を利用可能になっていました。

www.kamisute.com

そば処 秋月そば本店

宿の方に聞いたところによれば、お店で二葉の宿泊客だと言えば利用可能とのこと。前の晩に食べ過ぎて実際は利用しなかったのですが、朝食の心配が不要なのも便利ですね。

なお「秋月そば」は、前の晩に利用しました。遅くまでやっている蕎麦屋なので、一杯飲んだ後にでも気軽に寄ることができます。

f:id:yu-snfkn:20180103224055j:plain

上諏訪を歩いてみる

上諏訪の街並みをじっくり歩いたことがなかったので、今回の温泉旅では早めに現地入りして、少し歩いてみました。レトロな建物が多く残る街並みです。

f:id:yu-snfkn:20180103224356j:plain

JR上諏訪駅を出て右に歩いていくと酒蔵がいくつかあります。上諏訪の少し先、塩尻のワイナリー巡り同様に、日本酒を試飲しながら回れるのは、お酒好きには楽しいでしょうね。複数の酒蔵を回れる場所って意外とないので。

f:id:yu-snfkn:20180103224641j:plain

ただ、駅前が更地になっていて少し殺風景ではあります。かつては駅前に「まるみつ百貨店」という百貨店があり、館内には温泉施設もあったのですが、2011年にあえなく閉館、建物も取り壊されてしまいました。

f:id:yu-snfkn:20180103225519j:plain

まとめ

古い設備ですが、きれいな宿でした。上諏訪温泉って大きなホテルのような宿が多い印象ですが、こういうこじんまりした宿もあるのですね。それでいて便利なので、上諏訪に行くときはまた利用したいと思える宿でした。

個人的おすすめポイントをあげてみると、、

  • 駅から近くて便利です。周囲に飲食店、コンビニ多数。
  • 部屋数は少なくて静かです。建物もきれいで快適に過ごせます。
  • 温泉は源泉かけ流し。露天風呂では温泉を飲むこともできます。
  • 素泊まりプランでも、近隣のホテルで朝食をいただけます。

といったところです。

実はこの記事を書いている途中に、女性ひとり旅ブロガーのももさんが、今回の旅荘 二葉のことを書かれていました(第8位に載っています)。

www.yamaonsen.com

確かにコスパは良かったです。一点注意した方が良いのは、じゃらんではオンラインカード決済プランがあるのですが、現金プランより割高になっていることです(2017年12月現在)。予約時点でそれに気づき、現金プランで予約しました。 

アクセス

JR中央本線「上諏訪」駅下車、徒歩4分。

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村