温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

高崎線のグリーン車に乗って、群馬県の温泉へ。

グリーン車、というと何だか高級な感じの響きがします。首都圏では昭和のころから、東海道線横須賀線などの普通列車グリーン車がついていました。子供のころ何度も目にしましたがもちろん乗る機会はなく、特別なことでもないと乗らないのだろうなと思っていました。

大人になって、普通列車グリーン車Suicaで乗れるようになり、高崎線宇都宮線常磐線普通列車にもグリーン車がつくようになりました。自分が大人になったのか、普通列車のグリーン券が値下がりしたのか、グリーン車は豪華で高い、という印象がなくなってきました。

もちろん普段使いは贅沢ですが、北関東への温泉旅で普通列車グリーン車を利用する機会が多くなりました。今回は、特によく利用する高崎線グリーン車の記事です。

f:id:yu-snfkn:20170529222317j:plain

 

グリーン車に乗るには

まずは簡単に乗り方の説明です(ご存知の方は読み飛ばしてください)。普通列車なので、乗車券とグリーン券だけで乗れます。特急券は不要です。

グリーン券を買う

駅のホームにグリーン券の券売機があって、そこで買えます。買わずに車内でグリーン券を買うと、乗る前に買うより高くなってしまうので、乗る前に買うようにしましょう。

Suicaグリーン券

Suicaグリーン券」というのがあり、お持ちのSuicaでもグリーン券を買うことができます。PASMO,toica等、他のICカードでも買えるらしいのですが、未確認です。紙のグリーン券が出てこず、Suicaの中にグリーン券の情報が書き込まれます。

また、「モバイルSuica」というアプリがありまして、それをインストールすれば携帯電話にグリーン券の情報が書き込まれます。多くのiPhoneに対応していないこともあり、あまり普及していないようですが、個人的には愛用しています。

Suicaグリーン券を買ったら電車に乗ります。座りたい席の頭上にあるカードリーダーに、カードか携帯を、タッチしましょう。

そこまで高くない

前述のとおり、車内で買うと高くなるので乗る前に買うのが必須です。また「ホリデー料金」という設定があり、平日よりも土日祝日が安くなっています。

また、距離に上限がありません。ホリデー料金で50キロまでは570円ですが、それ以上は何キロ乗っても780円です。平日だとそれぞれ200円プラス、車内でグリーン券を買うとさらに260円プラスになります。

では、乗ってみよう

グリーン券を買ったら、グリーン車の乗り場に行きます。電車の4号車と5号車がグリーン車です。2階建てなので、空いていれば景色の良い2階席に行くといいかも知れません。1階席の方が空いている気もしますが、大差ない気もします。

乗っていると、意外と都心部(新宿、東京、上野あたり)でお客さんががらっと入れ替わる印象です。それ以降は徐々に空いてきます。

グリーン車には、グリーンアテンダントという係員が乗っています。車内改札をしたり、車内販売に来たり。階段のある2階建ての電車なので、車内販売はワゴンではなく、少量の飲み物とおつまみがメインです。なので、基本的には買い物は乗る前に済ませておいた方が良さそうです。

Suicaでグリーン券が買えるのに、車内販売は現金払いオンリーになっています。。。

f:id:yu-snfkn:20170529222613j:plain

高崎線グリーン車

意外と速い

高崎線グリーン車に乗れば、神奈川県から都内・埼玉県を抜けて、高崎駅もしくはその先の前橋駅まで行くことができます。「籠原行き」という列車もありますが、これは途中までしか行かないので、温泉旅に利用するなら高崎行きか前橋行きがいいでしょうね。

やや分かりにくいのが、渋谷・新宿・池袋を経由する「湘南新宿ライン」と、品川・東京・上野を経由する「上野東京ライン」の2種類があることです。最終的な行き先は同じなので、都心から乗る場合は、より便利な方を選べば問題ないです。

運賃も変わりませんし、所要時間もさほど変わりませんが、「湘南新宿ライン」には「特別快速」が走っていて、少しだけ早く高崎に着けます。少しだけですけど。

さて、電車は平坦な関東平野を行きます。車窓を眺めていようと思うのですが、いつも眠ってしまいます。気づいたら群馬県にさしかかっていることが多い。普通列車と言いつつ、意外と早いのです。あなどれません。

f:id:yu-snfkn:20170530001748j:plain

新幹線と比べてみた

そう、東京から高崎までは普通列車でだいたい2時間です。高崎まで新幹線で行くと、半分の1時間で着きます。

費用を比べてみると、普通列車は2,720円(もちろんグリーン車)で、新幹線は4,410円(普通列車の自由席)。ここに書いた新幹線の費用は定価なので単純比較はできませんが、やはり普通列車は安いですね。

また、首都圏から伊香保温泉や四万温泉草津温泉に行くのに便利な特急「草津」も走っていますし、水上温泉へは、新幹線に乗って高崎の次の駅「上毛高原駅」で行くのが早いです。

まあ、急がなくてもいいじゃない、と思うわけです。

f:id:yu-snfkn:20170529225034j:plain

高崎駅での乗り換え

そんな感じに、割とあっけなく高崎駅に着き、ここで乗り換えになります。温泉を目指すなら北に向かうことが多いですが、乗り換える電車は、

あたりになるでしょう。

高崎駅で買い物をするのもなかなかに楽しいです。お昼時に高崎に着いたなら、改札を出て何か食事を取ってもいいかも知れません。駅弁もいろいろあるのですが、高崎から乗り換える電車はロングシートの電車ばかりになるので、ちょっと車内で食べづらいのです…

www.onsen-oh-yu.com

f:id:yu-snfkn:20170530001948j:plain

追記:宇都宮線グリーン車

ついでのような書き方になってしまいましたが、栃木県(特に那須塩原方面)の温泉旅でも、グリーン車が便利です。栃木県方面に行くときに乗るのは宇都宮線です。都内からは、高崎線の電車と変わりばんこに頻繁にやってきます。

高崎まで行くのと距離的にも変わらないので、費用も所要時間も同じくらいです。同じように、お急ぎなら新幹線も利用できますし、湘南新宿ライン上野東京ラインの2種類あるのも同じ、乗っていたらウトウトしている間に栃木県、という流れも同じ(笑)。

那須塩原方面に行く場合、たいていは宇都宮駅で乗り換えることになるのですが、時間があれば、途中下車して名物の餃子でもいただきましょう。有名店はかなり並ぶので、お乗り遅れにご注意を。。

f:id:yu-snfkn:20170529230135j:plain

ちなみに、宇都宮駅から先の電車がロングシートばかりなのも、同じです…

次回の温泉旅は宇都宮経由で那須方面になる予定なので、今度きっちり書いてみたいと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村