読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

長野県 浅間温泉 香蘭荘('16)

ひとり泊 長野県

毎年、仕事納めの次の日から温泉旅に出かけています。
例年は山梨県下部温泉を目指すことが多いのですが、今回はちょっと行き先を変えて、長野県は松本市にある「浅間温泉」に再訪してきました。

f:id:yu-snfkn:20170106231900j:plain
以前は「尾上の湯」に泊まったのですが、今回はお値段重視で香蘭荘さんにしてみました。着いてみるまで知らなかったのですが、小説家や詩人が多く泊まった歴史ある宿だったのでした。

松本バスターミナルから浅間温泉行きのバスに乗り、「湯坂」バス停で下車します。「尾上の湯」の前を通り過ぎ、少し坂を上った先に香蘭荘がありました。入り口が自動ドアだったのですが、前に立っても開かないので、手で開けて入りました。すみません。

f:id:yu-snfkn:20170106231731j:plain

2階の部屋に案内されます。さすが松本市で、窓の向こうの山々がきれいです。
一部のネットのクチコミで、鍵がない、と書かれていましたが、部屋の鍵はありました。金庫や冷蔵庫が古くて、いい味を出しています。というか、宿全体が昭和の雰囲気。トイレも和式でした。

f:id:yu-snfkn:20170106231624j:plain

お風呂は1階に男女別の内風呂があります。とてもこじんまりしていましたが、無色透明のお湯が勢いよく注がれていました。湯船に浸かると、お湯がこれまた豪快にあふれていきます。かけ流しです。たまに湯の花が混じっています。

f:id:yu-snfkn:20170106231456j:plain

ちなみにこのお風呂、洗い場のシャワーがありません。体や髪は、お風呂からお湯をすくって洗い流すようになっています。それだけ温泉の質が良いのでしょうね。

今回は松本の市街地に飲みに行きたくて素泊まりにしたのですが、厨房の前を通るといい匂いがしたので、食事も美味しそうです。次回泊まることがあれば、食事つきにしてみようと思ったのでした。
さて、今度はどこへ行こうかな。

f:id:yu-snfkn:20170106232003j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村