温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

4月某日ひとり温泉旅 長野県・戸倉上山田温泉へ('17)

3月の終わりから4月の始まりのタイミングで温泉旅に出ることが時々あります。

このタイミングはエアポケットのように、予定が空いて出かけられるタイミングになることがあり。

2017年の年度替わりも予定が空いて、さて温泉旅へと出かけていきました。 

スポンサーリンク ?

旅の計画

今回のプランニングはこんな感じでした。

  1. ちょっと節約。行きを長野行きの高速バスにする。途中にある高速道路上のバス停で高速バスを降りて、数キロ歩いて電車の駅まで行き、そこから電車に乗る。
  2. 泊まるのは、戸倉上山田温泉。戸倉駅から歩きつつ、温泉街を見てみたい。
  3. 朝食のみのプランで宿を取ったので、夜は温泉街のお店でいただく。

1日目(新宿→坂城→戸倉上山田温泉)

この日は曇り。新宿のバスターミナル「バスタ新宿」から、朝の長野行きの京王高速バスに乗ります。このバスには1人用の座席があり、快適に過ごせます。

www.onsen-oh-yu.com

渋滞の多い関越道を通るバスなので、1時間から2時間の遅れを覚悟していたのですが、この日は土曜出発にもかかわらず、時間通りにバスは走ってくれました。嬉しい誤算です。渋滞を見込んで、朝の便に乗ったのでした。

スポンサーリンク  

降りた「千曲川さかき」バス停はパーキングエリアの中。脇にある細い階段で高速道路から離れて、ブドウ畑沿いの細い道を歩いていきました。

f:id:yu-snfkn:20180324225925j:plain

普段はあまり使わないスマホのGPS機能をオンにして、しなの鉄道「坂城」駅を目指すのですが、その途中にあるそば屋さんでお昼をいただく予定にしていました。

15分ほど歩いたところで、そのそば屋さん「こづちや」に到着。

f:id:yu-snfkn:20180324230236j:plain

この辺りは「おしぼりうどん」という料理が有名なのだそう。辛い「ねずみ大根」の大根おろしを絞った汁と一緒にいただくうどんらしいです。

辛い物が少々苦手な自分的にはちょっと注文を迷い、普通のもりそばを注文。。わさびとネギと一緒に、大根おろしが出てきました。これはねずみ大根なのでしょうか?

そばつゆに入れてみたところ、そこまで辛いというわけでもなく、美味しかったです。次回はおしぼりうどんを頼んでみようと思ったのでした。せっかくなので。

f:id:yu-snfkn:20180324230447j:plain

が、あいにくこの「こづちや」は、この後閉店してしまったようです。残念。

さて、店を出て数分歩き、ちょっとした街並みが見えてきて、しなの鉄道「坂城」駅に到着。小さな駅ですが、ホームの向こうで貨物列車がたくさん休んでいました。

f:id:yu-snfkn:20180324230712j:plain

駅のわきには、国鉄時代に活躍した古い電車「169系」も保存されています。駅舎には、その169系の車輪も保存されていました。

f:id:yu-snfkn:20180324230834j:plain

待っていると、これまた古い電車がやってきました。戸倉上山田温泉の最寄りの「戸倉」駅は、この坂城駅のお隣。乗って数分で到着です。

f:id:yu-snfkn:20180324235337j:plain

戸倉駅から戸倉上山田温泉の温泉街へは結構距離があります。まあせっかくなので、のんびり歩いて向かうことにしました。

f:id:yu-snfkn:20180324231053j:plain

かやぶき屋根のそば屋さんを発見。もうお昼を食べてしまったのですが、今度は行ってみたいと思いつつ。

f:id:yu-snfkn:20180324231143j:plain

まずは千曲川の東側、新戸倉温泉と呼ばれるあたりを歩いていきます。日帰り温泉がいくつかあって、前を通ると少しだけ硫黄の香りがしました。

f:id:yu-snfkn:20180324231422j:plain

千曲川を渡り、戸倉上山田温泉に入っていきます。千曲川の西側が戸倉上山田温泉と呼ばれますが、北が戸倉温泉、南が上山田温泉らしいです。

f:id:yu-snfkn:20180324231538j:plain

温泉街はお店が多くありますが、昼間はひっそりしていました。ところどころ昭和な感じが残る温泉街。夜に営業するお店は多そうです。

f:id:yu-snfkn:20180324231711j:plain

こんな風に「〇〇通り」というのが何本かあります。夕食は温泉街で、と思っていたので、どんなお店があるのか物色しながら歩いていきました。

f:id:yu-snfkn:20180324235532j:plain

川岸に出てぼんやり千曲川を眺めてみました。新年度なので、これからどうしようかななんて、ちょっとした考え事を、ぼーっとします。

一通りぼーっとして、そばにあった「佐良志奈神社」にお参りしてから、今宵の宿「有田屋旅館」へと向かったのでした。

f:id:yu-snfkn:20180324231946j:plain

有田屋旅館の宿泊記録はこちらです。時間帯によって色が変わる硫黄泉を楽しみました。夕食は温泉街に出て、焼き鳥をいただきました。

www.onsen-oh-yu.com

2日目(戸倉上山田温泉→上田→東京)

土曜日は曇りでしたが、次の日は晴れてくれました。宿の朝食をお部屋でいただき、チェックアウト。また戸倉駅まで歩いていきます。

f:id:yu-snfkn:20180324232417j:plain

千曲川を渡り、また戸倉駅へ帰ってきました。歩いたらだいたい20分そこそこでした。あとはしなの鉄道線で上田に出て、北陸新幹線で戻ります。お疲れさまでした。

f:id:yu-snfkn:20180324232623j:plain

今回の旅のまとめ

  • 高速バス「千曲川さかき」バス停→坂城駅→戸倉駅、というルートは、歩くのが苦にならなければお勧め。スタンダードなルートは「北陸新幹線で上田駅に出て、しなの鉄道線に乗って戸倉駅」です。
  • このあたりは「おしぼりうどん」が名物です。(次回は食べてみよう…)
  • 戸倉上山田温泉の温泉街は昭和感が残っています。少々寂しくもありますが、懐かしい感じもします。

f:id:yu-snfkn:20180324233417j:plain

さて、今度はどこへ行こうかな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越 温泉・温泉街へ
にほんブログ村