読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

温泉旅と、ぬるいお湯(長野県・新潟県・福島県)

エトセトラ 新潟県 長野県 東北地方

ぬるいお湯について2回ほど書いてきました。
今回が一応、ぬる湯シーズ最終回、です。

寒い季節、ぬるい温泉に入れる宿は敢えて温泉を加温したり、露天風呂をお休みにしたりすることが多いです。加温すると温泉の感じが変わってきてしまうので、そのままにするか、せめて必要最低限にしてほしいな、と思ったりする、一介のぬる湯好きです。。

加温するというのは、要はボイラーで沸かすわけなので、石油がもったいない。せめて入浴者が減る深夜はボイラーをオフにして、ぬるい温泉を堪能できると良いのですが。
夜にボイラーを切る宿も結構あるのですけど、あまりおおっぴらに言わずに「22時以降入浴不可」と言っていたりするのですね。ぬる湯好きとしてはゴールデンタイムなのですが、もったいない。。

f:id:yu-snfkn:20170220110633j:plain

 

渋御殿湯(長野県茅野市) 26℃~

八ヶ岳の登山口にある国民宿舎です。
山の宿なので不便なところもありますが、お風呂の雰囲気はとても良いです。標高が高く涼しい場所なので、夏であろうが冷たくて、足を突っ込んだだけでひやりとします。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

霊泉寺温泉(長野県上田市) 36℃(旧源泉)

個人的に大好きな、とても静かな温泉地です。
以前からある旧源泉は人肌程度のぬる湯でして、宿によっては43℃の新源泉を使っているところもあるかも知れません。また、共同浴場は新源泉なのだそうです。
いつも旧源泉の内風呂で満足してしまい、なかなか共同浴場まで行かないのです。目と鼻の先にあるのですけど。

f:id:yu-snfkn:20170220110750j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

yu-snfkn.hateblo.jp

 

田沢温泉(長野県青木村) 41℃

霊泉寺温泉とは割と近い場所にあり、こちらも旅館が3件あるのみのちいさな温泉地です。こちらも好きでリピートしております。ぬるくてほんのり卵の香りのお湯です。共同浴場「有乳湯(うちゆ)」のお湯が、もっとも鮮度が良いようです。

f:id:yu-snfkn:20170220111000j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

 

貝掛温泉(新潟県湯沢町) 37℃

目に効き目があるという「目の湯」として有名です。
当ブログで紹介している宿の中ではお値段高めの宿ですが、内風呂も露天も広く、ぬる湯をゆっくり堪能できます。

f:id:yu-snfkn:20170220111133j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

 

折立温泉(新潟県魚沼市) 40℃ 

湯之谷温泉郷の1つです。
柔らかくてぬるいお湯に長時間入っていると、包まれるような感じがして、幸せな気分になれます。温泉愛好家のブログによく紹介されていた、泉質の良い宿があったのですが、数年前に豪雨の被害を受けて廃業されたとのこと。泊まってみたかったです。。

f:id:yu-snfkn:20170220111315j:plain

ただ、自分の泊まった「やまきや」さん、とてもいいお湯でした。食事も美味しい。

yu-snfkn.hateblo.jp

 

栃尾又温泉(新潟県魚沼市)  36℃ 

こちらも湯之谷温泉郷の1つで、折立温泉の奥にあります。
泉質は「放射能泉」。ラジウムが含まれているそうで、湯治場としても知られています。お湯はもちろんぬるいのですが、口に含むと甘く柔らかい感じ。
何故か、入っていると食欲が増すというか、元気になってくる実感があります。

f:id:yu-snfkn:20170220111548j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

yu-snfkn.hateblo.jp

 

湯岐温泉(福島県塙町) 38℃

福島県は熱い温泉が多いイメージがあるのですが、ここ湯岐温泉は、ぬるめの温泉が湧く湯治場です。場所的には県の南部で、茨城県寄りにあります。不眠症に効くというのですが、確かにここのお風呂に入るとよく眠れた気がします。
お酒もそこそこ飲んだので、そのせいかも知れませんが…

f:id:yu-snfkn:20170220111705j:plain

yu-snfkn.hateblo.jp

関連記事 

他県のぬる湯はこちらです。

yu-snfkn.hateblo.jp

yu-snfkn.hateblo.jp

 

さて、今度はどこのぬる湯へ行こうかな。