温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

群馬県 湯宿温泉のご紹介

群馬県は湯宿(ゆじゅく)温泉。
このブログでも何度か取り上げてきましたが、街道沿いの湯治場です。
行き先の温泉地を選ぶときに、環境省の「国民保養温泉地」のリストを参考にしているのですが、ここ湯宿温泉も、選ばれています。

yu-snfkn.hateblo.jp

湯宿温泉へは7回行っています。最近は少し足が遠のいていますが、それでもなかなかの訪問回数です、我ながら。

f:id:yu-snfkn:20161203231552j:plain

1.湯宿温泉へのアクセス

最寄駅は、上越新幹線上毛高原」駅です。東京駅から上毛高原までは、1時間強で着くことができます。群馬県って、近いんですねえ。

在来線なら、上越線の「後閑(ごかん)」駅が最寄り駅ですが、後閑駅に止まる特急電車が廃止になってしまったのと、上越新幹線は割引率が良いので、新幹線で行くのが手軽でいいと思います。

上毛高原駅からも、後閑駅からも、猿ヶ京温泉に行くバスに乗って行きます。

yu-snfkn.hateblo.jp

バスの終点の猿ヶ京温泉が割と有名な温泉地なので、帰りのバスは多客期だと結構混んでいます。座れるか座れないか、といったところ。

湯宿温泉と川を挟んだ反対側にある施設「たくみの里」にもバスが寄るのですが、バスは湯宿温泉→たくみの里→湯宿温泉、と、湯宿温泉を2回通るので、降り間違いにご注意を。

初めて行ったとき、湯宿温泉のバス停で降り忘れて、慌てて「たくみの里」でバスを降り、雪道を歩いて湯宿温泉に行ったことがあるのですが、降り忘れてもそのまま乗っていたら、もう一度湯宿温泉に行けるのでした。

f:id:yu-snfkn:20161203232652j:plain

 

2.湯宿温泉のお店

温泉街には商店が数件あります。年々、その数が減少しているようです。。

なので買い物は、バスに乗る前に上毛高原駅で済ませるのがいいのかも知れませんが、上毛高原駅も改札手前のコンビニNEWDAYSと、駅前のお土産屋さんがあるのみです。お土産屋さんは17時でさっさと店じまいしてしまいます・・・

温泉街の手前にコンビニがあるのですが、歩くと結構距離がありそうです。

食事処は、蕎麦屋さんとうどん屋さんが1件ずつ。うどん屋「五郎兵衛やかた」は、温泉街の旅館「大滝屋」が経営していて、以前行ったときは食事をとると大滝屋のお風呂に無料で入れました。

f:id:yu-snfkn:20161203233356j:plain

3.湯宿温泉で泊まった宿

宿は6件ありますが、そのうち3件に泊まったことがあります。

ここは野菜をふんだんに使った食事が美味しいです。

yu-snfkn.hateblo.jp

ここは割と建物が新しく、安く泊まれてよかったのですが、2016年に休業となってしまいました。

yu-snfkn.hateblo.jp

こちらは最近大幅にリニューアルしたそうです。記事はリニューアル前のものです。

yu-snfkn.hateblo.jp

4.僕が湯宿温泉に行く理由

湯治場ゆえなのか、安く泊まれてひとり泊もOKな宿が多く、ハイシーズンでも混んでいないところがポイントかなと思っています。首都圏からも近く、泉質も良いですし。

ただ、どの宿も国道17号沿いで、この国道が結構トラックが頻繁に通るので、宿や部屋によっては、車の音が気になる人もいるかもしれません。

あと、宿泊客はいくつかある外湯に入れるのですが、こちらは熱いです。。宿のお湯も、宿によっては温度調整せずにかけ流しているところもあるので、そういう意味では、寒い季節にお勧めの温泉地かな、と言えそうです。

f:id:yu-snfkn:20161203234334j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村