読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅とローカル路線バス 千曲バス

乗り物いろいろ

ローカル路線バスの紹介シリーズ第2弾は、東信地方を走る「千曲バス」。
丸子温泉郷に行くことが多い自分にとっては、なくてはならないバスです。
古びたバスはぎしぎし揺れながら、千曲川沿いの幹線道路を乗用車に負けずにゆっくり走り、温泉地へと連れて行ってくれます。

千曲バス

前回のローカル路線バスの記事はこちら。

yu-snfkn.hateblo.jp

f:id:yu-snfkn:20161126211556j:plain

鹿教湯線

  • 行き先の主な温泉地:丸子温泉郷(鹿教湯、霊泉寺、大塩)
  • 本数:概ね1~2時間に1本程度(上田駅~鹿教湯)

名前の通り、鹿教湯温泉に向かうバスです。
上田市内にある車庫から上田駅に来て鹿教湯に向かうのですが、上田市街地の道路が渋滞しているせいか、上田駅に着くのはいつも数分遅れです。気長に待ちましょう。

経路が2種類あって、大屋駅(しなの鉄道)、旧丸子町の中心部を経由する便と、生島足島神社(いくしまたるしまじんじゃ)と平井寺トンネルを経由する便があります。後者のほうがやや早く鹿教湯に着きます。

以前は鹿教湯まで1,000円以上していたのが、今は500円になっていて利用しやすくなっています。

また、数年前に土曜の昼の便に乗った時は、鹿教湯のボランティアガイドの方が乗車されて、観光案内をされていました。今もやっているのでしょうか。

f:id:yu-snfkn:20161126212721j:plain

 

yu-snfkn.hateblo.jp

青木線

  • 行き先の主な温泉地:田沢温泉、沓掛温泉
  • 本数:概ね1時間に1本程度(上田駅~青木)

上田から青木村に向かう路線バスです。
鹿教湯線同様、上田駅へは時間通りやってこないことが多いのですが、まあ気長に待ちましょう。
途中からの道はほぼまっすぐで、上田駅から30分程度で終点の青木バスターミナルです。
バスターミナルと言ってもこじんまりしています。田沢、沓掛温泉へはここからもう少し先になるので、宿に泊まる方は青木バスターミナルまで送迎をお願いすることになります。

f:id:yu-snfkn:20161126230550j:plain

中仙道線

 

  • 行き先の主な温泉地:なし
  • 本数:概ね2時間に1本程度(佐久平駅~立科町役場)

温泉地に行くバスではないのですが、蓼科山登山のときに利用したバスも紹介しておきます。
新幹線の佐久平駅から出ていまして、終点の立科町役場から、登山口の蓼科牧場まで「たてしなスマイル交通」のバスで行くことができます。町役場での乗り換え時間は短く設定されています。

f:id:yu-snfkn:20161126231042j:plain

以上、ローカル路線バス紹介シリーズ第2弾、長野県は千曲バスのことを書いてみました。