読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

栃木県 川治温泉のご紹介

栃木県の温泉

※2017/4/8 リライト

今日は栃木県の川治温泉の紹介をします。

場所的には、有名な鬼怒川温泉の奥で、平家の落人が住んだという湯西川温泉の手前にあります。そんな2つの温泉に挟まれてしまうと、川治はちょっと地味なのかもしれませんが、自分的には一番気に入っています。

f:id:yu-snfkn:20161123214902j:plain

1.川治温泉へのアクセス

川治温泉は、駅から歩いて行けるのがいいところだと思います。最寄りの駅は野岩鉄道「川治湯元」駅。その1つ手前に「川治温泉」駅があるのですが、ここから温泉街へも歩いて行けるのですが、こちらのほうがちょっと遠い気がします。

f:id:yu-snfkn:20161123215829j:plain


野岩鉄道(やがんてつどう)というのは東武鬼怒川線の終点から先を走る路線でして、首都圏からは特急列車で下今市駅もしくは鬼怒川温泉駅まで出て、そこから乗り換えると早いです。

2017年4月からは、首都圏から会津方面に向かう特急「リバティ会津」がデビューしまして、川治温泉駅にも川治湯元駅にも停車するようになります。所要時間は、浅草からだいたい2時間半。乗り換えがないのが嬉しいです。、川治温泉に行くにもちょっと便利になりますね。

yu-snfkn.hateblo.jp

バスも出ていまして、鬼怒川温泉駅から湯西川温泉駅へのバスが川治の温泉街を通ります。電車に比べるとちょっと割高になるのですが、宿によっては宿の目の前にバス停があるので便利です。

 

2.川治温泉のお店

コンビニはないので、買い物は鬼怒川温泉で済ませたほうがいいかも知れませんが、酒屋さんなど、商店が数件あります。あとはお蕎麦屋さんやラーメン屋さんがあります。
「さかぶん」という肉屋さんのコロッケが割と有名らしいです。

f:id:yu-snfkn:20161123220116j:plain

3.川治温泉で泊まった宿

ギャップが激しいのですが、小ぎれいな旅館と、古びた旅館の2か所に泊まったことがあります。

こちらは前者。食事が美味しく、サービスも丁寧で良かったです。

yu-snfkn.hateblo.jp

こちらは後者。万人受けはしないかもですが、お湯が良ければそれでいい、という人にはお勧めです。

yu-snfkn.hateblo.jp

宿ではないのですが、日帰り温泉施設「薬師の湯」という施設がありまして、そこの混浴露天風呂は、丸見え感が凄いです。ぬるくて気持ちのいいお風呂ですが、でもよく見える。

f:id:yu-snfkn:20161123220542j:plain

4.僕が川治温泉に行く理由
  • 手前の鬼怒川温泉より観光客が少なくて静か。
  • 温泉がぬるくて、長く入れる。
  • 遠そうに見えて、意外と近い。

この3点が個人的な川治温泉のお気に入りポイントです。
「登隆館」のマニア受けしそうな感じが気に入った、というのも実はあるのですが。
寒くなってきたので、また長風呂しに行こうと思っています。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東 温泉・温泉街へ
にほんブログ村