温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅と高速バス 上信越道方面

上手く節約しながら温泉宿に泊まりたい、ということで、私はよく高速バスを利用します。
鉄道に比べて多少は味気ないのですが、やはり新幹線の半額(場合によってはそれ以下!)で利用できるのは魅力なのです。

ということで、これまでに使ったことのある高速バスを、行先別に紹介していきたいと思います。
まずは、首都圏から上信越道方面(長野県、東信・北信地方)へのバスを取り上げます。

f:id:yu-snfkn:20161022000859j:plain

 

新宿-長野線

その名の通り、新宿と長野を結ぶ高速バスです。
長野駅が終点ではなく、そのまま善光寺まで向かい、そこが終点になります。

長いこと乗る路線だからか、座席がゆったりしているのが特長です。2列の席と1列の席があり、カーテンで仕切れてコンセントもついており、ひとり旅でも快適でした。
(2016年現在、夜行バスのような「3列独立シート」の便もあるようです。4列シートの便もあるようで、料金は変わらずなので要確認ですね)

似たような路線で、西武と長野電鉄が「池袋長野線」を走らせているのですが、こちらも3列独立シートらしいので、今度試してみたいと思います。

f:id:yu-snfkn:20161022000341j:plain

千曲線

池袋と上田を結ぶ高速バスです。
小諸経由の便と、上田へまっすぐ向かう便(上田線)と、小諸経由の便(上田小諸線)があり、上田小諸線は高速道路を佐久で降りてから長く下道を走るせいか、少し時間がかかります。
また、上田線の一部は上田が終点ではなく、そのまま別所温泉まで向かいます。

なお、小諸までは、新宿からJRバス関東の高速バスも出ています。
小諸からしなの鉄道に乗って戸倉上山田温泉を目指す、という利用方法もありかも知れません。 

f:id:yu-snfkn:20161022000948j:plain

上信越道はさほど混雑しないのですが、上信越道の起点である藤岡までは渋滞の多い関越道なので、週末や連休中は渋滞で1時間以上遅れることは覚悟した方がいいでしょう。。

また、横川を過ぎると峠越えになり、トンネルとカーブが連続します。運転手さんによってはこの区間もワイルドにスピードを出して走ったりするので、ごくたまに、乗り物酔いっぽくなることもあります。。

小諸を過ぎると、上信越道浅間山四阿山の麓の高原地帯を走ります。なかなか景色が良い区間です。
高速バスは安いのですが、渋滞リスクがあるので新幹線とどっちにするか、お財布や予定と相談ですね。