読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

源泉かけ流しと天然温泉

温泉と言っても、色や温度、匂い等でいろいろな泉質があるのですが、お湯そのものに人の手が入っていない温泉を、源泉かけ流し、といいます(温泉好きの方々からすれば、何を今さらな話ですが)。

要は、

  • 温度がぬるいので加温している
  • 温度が熱いので加水している
  • 殺菌する必要があり、塩素消毒している
  • 湯量が少ないので、お湯を循環して再利用している

といったことを一切していない温泉が、源泉かけ流しなのだと思います。

f:id:yu-snfkn:20161002212814j:plain

体感ではよく分からないことも多いのですが、源泉かけ流しのお湯は長く入ると疲れやすかったり、肌に気泡がびっしりついたり、湯上りがやけに火照ったりするように感じます。
塩素を入れて循環している温泉(私は勝手に「塩素循環泉」と呼んでいます)は、上記のような効き目感があまりないような気がするのです。

とはいえ、泊まろうとしている宿が源泉かけ流しか、塩素循環泉かは泊まるまではよく分からないことが多いです。
宿に行って、脱衣所に掲示されている温泉分析書で気づいたり、お風呂に入って、プールの匂いやお湯の吸入口(お湯を吸い込んで循環し、湯口からまた出している)で気づく感じです。
温泉分析書の内容と、実態とが微妙に違ってそうなケースもままあります。

一方で、天然温泉、という言葉があって、天然温泉なら源泉かけ流しなんだろうと思っていくと、要は、「天然(と言いつつ人の手が入っていることも往々にしてよくある)温泉」なのだということに最近気づきました。温泉好きを自認しながら、疎いものです。

そんなこんなで、できれば源泉かけ流しのお湯がいいなとは思うのですが、なかなか出会えないものです。最低限、塩素循環泉は避けたい。
もちろん、湯量が少なかったり、お風呂が大きかったりで、循環や消毒が必要だという事情はあるのでしょうけど。

もし、源泉かけ流しのお風呂がいい、と言う場合、天然温泉、という言葉にはちょっと注意した方が良さそうです。