温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉旅とともに

宿に早めにチェックインして温泉を楽しんで、翌朝遅めの時間にチェックアウトするというのも好きなパターンですが、そればっかりだと飽きてしまいそうになります。
ということで、温泉以外の旅の楽しみをいくつか挙げてみようと思います。

f:id:yu-snfkn:20160923213035j:plain

 

 

 

ローカル線に乗る(乗り鉄)

地方の鉄道はやっぱり雰囲気があっていいものです。
古い車両が必死にゆっくり走っているのが涙ぐましくもあります。宿までの交通手段に取り入れ、ガタゴト揺られながらゆっくり温泉を目指すのもいいですね。
車窓を見たいと思いつつ、ウトウトしてしまうのが常ではありますが。。。

f:id:yu-snfkn:20160923210730j:plain

蕎麦を食べる

蕎麦じゃなくても良いのですが、地方に行くと何故だか蕎麦が食べたくなります。
お金に余裕があれば、豪勢に天ざる。地元野菜の天ぷらをいただきます(と言いつつ、内陸部でも普通に海老が出てくることも多し)。
予算的に厳しければ、もりそばで。
天ざるを頼むと、宿の夕食でも天ぷらが出てきて、かぶってしまうことも多々あります。。。

f:id:yu-snfkn:20160923210838j:plain

ワイナリーを訪ねる(特に山梨県、長野県)

私はワイン好きと言うより、日本の"葡萄酒"が好きでして、山梨県等に行ったときは積極的に試飲して、買って飲んでを繰り返しています。
特に、山梨県勝沼あたりはワイナリーが30件ほどあって楽しいのですが、何件もはしごしてしまうと試飲だけで酔っぱらってしまいます。。。

f:id:yu-snfkn:20160923211512j:plain

寺社を巡る

日本にはあちこちに、お寺や神社があります。
御朱印帳を持って、あちこちのお寺や神社に行き(深い理由はありませんが、神社の方が多いです)、お参りしておみくじを引いて、最後に御朱印をいただく、というのも楽しいものです。
おみくじは、大吉が出た時だけ持って帰り、他の運勢のが出た時は、結びつけて帰っています。

f:id:yu-snfkn:20160923212031j:plain

番外編:山に登る

以前は私も山に登っておりました。
番外編、と書いたのは、今は登ってないというのもありますが、登山の場合、温泉宿に泊まるという行為は登山の前泊・後泊になります。
主役が登山で、温泉は登山前後のコンディションを整える場、と。

f:id:yu-snfkn:20160923212609j:plain

 

皆さんの、温泉宿に行ったときの楽しみは何ですか?