温泉好きのお湯

静かな温泉ブログです。今度はどこへ行こうかな。

温泉宿の食事

ひとりで温泉宿に泊まった時、気になるのが、食事です。

大広間や食堂で、他の人と一緒に食事するのはちょっと避けたいですし、ひとりでゆっくりお酒と一緒に食事を楽しみたいので、可能な限り「部屋食」か「個室食」の宿を選ぶようにしています。

f:id:yu-snfkn:20160901000402j:plain

もちろん、部屋食は宿側の準備が大変なのは理解できますが。宿の方ごめんなさい。

 

理想は2食とも部屋食か個室食ですが、夕食が部屋でも朝食は食堂、というパターンの宿が多いです。やっぱり、お客さんを起こして布団を上げて食事、というのは難しいのだろうなと思われますが。

 

最近、宿の食事のことでもう1つ、考えるようになったことがありました。

これまでは、何となく1泊2食付きのプランを選んでいたのですが、素泊まり、夕食のみ、朝食のみのプランも選ぶようになりました。

懐事情というのも実際大きいのですが、アラフォーにもなると食も細くなってきていて、完食するのが厳しくなってくるわけなのです。

出された食事はやっぱり完食したいですし、完食するようにしているのですが、夕食でそれができても、翌朝が厳しかったり、次の日の昼食が不要になったりするようになりました。

もっと若い頃は、宿に行く前に夜食用のお菓子やカップ麺とかを準備していったものですが、今はそれが不要になってしまいました。

と言いつつ、習性なのか、買っていってしまうのですが。