読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉好きのお湯

主に北関東・甲信越の温泉宿にひとりで泊まったことと、それにまつわる諸々を書いてます。

温泉旅と素泊まり

温泉宿に泊まるとき、食事のありなしを選ぶことができます。夕食と朝食の両方、夕食のみ、朝食のみ、食事なし、の4パターン、です。最近は素泊まりを選ぶことが多くなってきました。この素泊まりも、良い点とそうでない点、両方あるなと思ったので、ちょっと…

群馬県 四万温泉のご紹介

四万温泉(しまおんせん)は、このブログで取り上げる温泉地の中では有名な方だと思います。有名な温泉地は、廃業した旅館やお店が目立ったりするのですが、ここ四万温泉は観光客もほどほどに多く、お店も旅館もたいていが営業していて、賑わっているなぁと感…

2017年の温泉旅を考える

2017年になりました。昨年からご覧くださっていた皆様も、今年初めてこのブログにお越しくださった皆様も、どうぞよろしくお願いします。今年も、可能な範囲であちこち、温泉に出かけていこうと思います。 どこ行こう? と思いを巡らせる時間はとても幸せで…

温泉旅と年末年始

ブログは正月休みをするつもりで、年明けに更新再開します。今年はお世話になりました。皆さん良いお年を、そして良いお湯を。— yu-snfkn (@yu_snfkn) December 31, 2016 また来年、よろしくお願いします。

2016年の温泉旅を振り返る

2016年もそろそろ終わりです。年末に温泉に行く予定があるのですが、今年行った温泉を振り返ってみることにします。日程や予算が厳しいなぁと言いつつも、結局は頻繁に行っていたのでした。。

2泊3日のひとり旅 宮下温泉・只見線('15)

先日、驚きのニュースを目にしました。 本数の少なさは日本有数のローカル線「只見線」が復活する、というものです。 headlines.yahoo.co.jp 2011年の豪雨で鉄橋が流されてしまい、今は不通区間があります。只見線は、福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅と…

温泉旅とふるさと納税

ふるさと納税、皆さんはされていますか?今年初めてやってみたのですが、返礼品として宿泊券をいただけたので、温泉旅に使うことができて、良かったです。来年も、お気に入りの温泉地がある自治体に寄付をして、訪れてみようと思っているところです。調べて…

温泉旅とローカル線 上越線

ローカル線、というにはちょっと違うのかもしれませんが、今回はJR上越線のことを書いてみたいと思います。ちなみに上越線は、JRの路線のカテゴリーだと「幹線」です。たいてい「ローカル線」と呼ばれる路線は「地方交通線」というカテゴリーに入ります。で…

栃木県 板室温泉のご紹介

「下野の薬湯」と呼ばれる温泉地、栃木県は板室(いたむろ)温泉の紹介をします。2006年以来、ちょくちょく通っている温泉で、泉質も静かな雰囲気も、自分好み。古くからの湯治場で、ぬるめの透明な温泉にじっくり入れます。

温泉旅とローカル線 野岩鉄道

2017/3/1:情報更新 野岩鉄道(やがんてつどう)は、栃木県の新藤原駅と、福島県の会津高原尾瀬口駅を結ぶ、ごつい名前のローカル線です。 www.yagan.co.jp 社名はごついのですが、愛称は「ほっとスパ・ライン」という暖かい名前で、その名のとおり、沿線は温泉…

温泉旅とアクシデント

旅行が好きであちこち行っていると、アクシデントにもいろいろ出くわします。今回は、そんな諸々のアクシデントを振り返ってみたいと思います。ほら、年末は振り返りたくなる季節ですしね。※写真は内容とは関係ありません。季節感のある写真、です。

温泉旅と文豪

文豪。恥ずかしながら若い頃にちょっとあこがれた職業です(笑)。そんな自分の話はどうでもよくって、明治、大正、昭和の文豪さんたちは、温泉宿が好きでした。中には温泉宿に長く滞在しながら原稿を書いたという、何だか羨ましくなるような方々もいます。文…

温泉旅と10,000PV

開業して5か月、秘湯のような零細ブログではありますが、おかげさまで10,000PVを超えたようです(はてなのアクセス解析によると)。他の方々のブログがどうなのかはちょっと分からないものの、5か月で10,000PVというのは結構亀さんペースなのだと思います。ま…

栃木県 畑下温泉 金色夜叉起草旅館 清琴楼('16)

久しぶりに温泉に泊まってきました。時間があまりなかったので、比較的近くて交通の便も良い塩原温泉で探して見つけた宿でした。「金色夜叉(こんじきやしゃ)」。国語の授業で教わった記憶がかすかにありますが、戦前の小説で、その作者の尾崎紅葉が泊まった…

温泉旅とクチコミ

温泉宿を予約するのはたいていネットでして、ポイントも欲しいので大手の予約サイトを活用することが多いのですが、その際、宿のクチコミは割と参考にしています。今回はそんなクチコミとの付き合い方を紹介してみます。クチコミの平均点が低めだからと言っ…

温泉旅と特急列車 湯けむり号・スノーモンキー

何だか電車関係の記事が続いていますが、特急列車シリーズの第4回目は、ローカル私鉄の特急列車のことを書きます。長野駅から、湯田中渋温泉郷の玄関口「湯田中」に向かう、長野電鉄の特急「ゆけむり号」「スノーモンキー」を紹介したいと思います。長野駅は…

温泉旅とロングシート

交通費を節約しながら温泉に行くとき、普通列車を利用します。青春18きっぷを使えばさらにお得になります。(5枚分全消化するのが難しいので、最近は使わなくなりましたが) yu-snfkn.hateblo.jp 普通列車に乗ると、ロングシート、クロスシート、セミクロスシ…

温泉旅とタオル

お風呂に入るので、タオルはマストアイテムです。温泉宿に泊まるときは、お部屋にあるので基本的にはタオルを持っていく必要はないのですが、もしかしたら外湯や日帰り温泉にも入るかも、と思って、ハンドタオルは1枚持っていくようにしています。温泉宿のタ…

温泉旅と特急列車 上越新幹線たにがわ号

関東・甲信越の温泉に行くとき、移動に時間をかけたくない場合は、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線を上手く利用したりもします。新幹線は高い、と思っていましたが、上手く利用すれば安く乗れます。こんな感じで。 会員サービス(JR東日本なら「えきねっ…

温泉旅とローカル路線バス 東野交通

人気のテレビ番組「ローカル路線バスの旅」はひとまず次回でおしまいらしいのですが、このブログではしばらくローカル路線バスの話を書いていきます。今回ご紹介するのは「東野交通」。ひがしの、と書いて、とうや、と読みます。栃木県を走るバス会社です。 …

一の宮めぐり(と、温泉) 浅間神社・下部温泉・浅間大社('15)

2015年から、ひとり旅の新しいテーマとして、行く先々の神社にお参りをしようと決めました。でも旅に出るからには、温泉宿に泊まりたい。ということで、半ば強引に、神社と温泉を結びつけた旅を時々しています。 yu-snfkn.hateblo.jp 神社のそばに温泉が必ず…

温泉旅とローカル路線バス 南越後観光バス

ローカル路線バスシリーズはまだまだ続きます。今回は新潟県に行ってみます。中越地方の温泉や登山でお世話になることの多い「南越後観光バス」のご紹介です。前回は「千曲バス」を取り上げました。 yu-snfkn.hateblo.jp

群馬県 湯宿温泉のご紹介

群馬県は湯宿(ゆじゅく)温泉。このブログでも何度か取り上げてきましたが、街道沿いの湯治場です。私は行き先の温泉地を選ぶときに、環境省の「国民保養温泉地」のリストを参考にしているのですが、ここ湯宿温泉も、選ばれています。 yu-snfkn.hateblo.jp 湯…

温泉旅と特急列車 ワイドビューふじかわ号

以前、特急「きぬがわ号」のことを書きましたが、またもう1つ、特急のことを書いてみます。今回は、これまた何度も乗ったことがある、特急「ワイドビューふじかわ」号。お気に入りの「下部温泉」に行くときに利用しています。 前回の「きぬがわ号」の記事は…

長野県 田沢温泉のご紹介

長野県は青木村にある「田沢温泉」は個人的にお気に入りの温泉地で、これまで5回行ったことがあります。歴史の長い温泉のようで、奈良時代とか飛鳥時代から続いているとか、坂田金時(金太郎)がここで生まれたらしい、という伝承もあるそうです。今日はこの田…

温泉旅と子供

普段はひとり旅ですが、3歳の子供がいるので時には家族旅行もしています。その際に、温泉地や宿をどのようにしているのか書いてみます。以前、下のようなことをちょっと書いたのですが、子供が大きくなるにつれて、変わってくることもありますし、追加で気づ…

栃木県 那須湯本温泉 民宿南月(’08)

那須岳登山の前泊に利用した民宿です。初の本格的?登山ということで、気合いを入れて前泊して臨むことにしました。今はじゃらん等でも予約できますが、この時は宿のウェブサイトからメールで予約しました。雨予報ですが、どうしますか? と返信がありました…

温泉旅とローカル路線バス 千曲バス

ローカル路線バスの紹介シリーズ第2弾は、東信地方を走る「千曲バス」。丸子温泉郷に行くことが多い自分にとっては、なくてはならないバスです。古びたバスはぎしぎし揺れながら、千曲川沿いの幹線道路を乗用車に負けずにゆっくり走り、温泉地へと連れて行っ…

長野県 星川温泉 志なのや旅館('06)

古い宿泊記録が続いておりますが、ひとり温泉旅を始めた頃に泊まった宿の1つを紹介したいと思います。長野電鉄に乗ったことがなかったのと、途中の小布施の街並みを歩いてみたかったのとで、初めて湯田中渋温泉郷に行ってみました。宿は、1泊2食6,980円(当時…

栃木県 川治温泉のご紹介

今日は栃木県の川治温泉の紹介をします。場所的には、有名な鬼怒川温泉の奥で、平家の落人が住んだという湯西川温泉の手前にあります。そんな2つの温泉に挟まれてしまうと、川治はちょっと地味なのかもしれませんが、自分的には一番気に入っています。

温泉旅と内湯と外湯

温泉にもいろいろあるのですが、内湯と外湯というのがあります。内湯は、ひらたく言うと温泉宿のお風呂。外湯は、共同浴場のことです。そもそもは、世の中には外湯しかなかったのが、いつからか宿のお風呂も温泉になり、それが内湯と呼ばれるようになったそ…

温泉旅とローカル路線バス 関越交通

自分の温泉への交通手段は、マイカーを持っていないのと、基本的にひとり旅なので、公共交通機関がメインです。温泉は山奥が多いので、最寄駅からバスのお世話になることが大半です。一方で地方に行くと本当に車社会で、ローカル路線バスを使わない人が多そ…

温泉旅と宿の名前

これまで、数えたことはないですが100近い温泉宿に泊まってきたはずです。温泉宿と言ってもいろいろでして、旅館だったり民宿だったり、温泉に入れるホテルだったり、国民宿舎だったり公共の宿だったりするわけなのですが、今回はその「宿のお名前」について…

群馬県 川中温泉 かど半旅館(’09)

日本秘湯を守る会の宿は、その名の通り交通の便があまり良くなく、値段も結構することもあってなかなか泊まる機会がありません。初めて泊まったのはこの宿です。秘湯を守る会のウェブサイト経由で予約を入れると、折り返しのお電話をいただき、予約確定とな…

温泉旅と駅弁

あちこち電車に乗って旅をしていると、やっぱり駅弁を買って食べる機会が多くなります。ちょっとお高いのですが、ご当地の食べ物を食べられるのと、車内でカップ酒片手にのんびりいただくのもいいものでして。特急列車や新幹線でも良いのですが、もっぱら普…

長野県 田沢温泉 ますや旅館('09他)

ますや旅館は、温泉好きの方々のウェブサイトや温泉関係の本にもよく掲載されているのでご存知の方も多いと思います。作家の島崎藤村が泊まった宿とのことで「藤村ゆかりの宿」として知られているようなのですが、以前の日経新聞の記事で、宿泊客から「フジ…

温泉旅と露天風呂

露天風呂。好きな人は多いですよね。自分自身、家族旅行に行くときに、妻から「露天風呂がある宿がいい」というリクエストが出たりもします。が、個人的にはそこまで露天にこだわりがないんですよね。それにはいろいろと理由があるのですが。今回はそんな理…

2泊3日のひとり旅 湯の花温泉・湯西川温泉('13)

2年前の10月、3連休を使って南会津に行ってきたことを書いてみます。このときは珍しく、電話を使ってあれこれ事前手配をしました。ネットで手配できないものがいくつかあったのです。実際に電話で予約したのは、、 湯の花温泉の民宿(最初はメールで問い合わ…

温泉旅で100記事目

ひとり旅を本格的にするようになって約20年。ひとりで温泉宿に泊まるようになって約10年。個人のウェブサイト、メルマガ、SNS等で記録に残してきたのですがいまひとつしっくり来ず、ようやく個人ブログを今年の夏に開設しまして、4か月ほどで100記事目、です…

群馬県 老神温泉のご紹介

温泉郷シリーズ、というのを何回かやって来たのですが、温泉郷ではないにしろ、リピートしているお気に入りの温泉地の紹介も、やってみたいと思います。今回の老神温泉は、自分が尾瀬に何度も行っていたころから気になっていた温泉地だったのですが、2015年…

群馬県 四万温泉 つばたや旅館('07他)

四万(しま)温泉は、群馬県の温泉の中でも有名な方かと思います。群馬県の"四大温泉"の1つらしいのですが、他の3つである草津、伊香保、水上に比べると静かな雰囲気で、ゆっくり過ごすには良いところです。初めて四万に行ってみようと思ったきっかけは、ちょ…

温泉旅と地ビール

最近、クラフトビールがちょっと流行しているように思います。地ビールって今はあちこちにあって、どれも似たように見えてしまいます。なので差別化が難しかったりもするのでしょうが(それで、最近のブームの前は結構冬の時代もあったのかも知れませんが)、…

群馬県 草津温泉 興亜館('09他)

草津白根山を歩いたときに泊まった民宿です。たくさんの宿がある草津温泉ですが、この時は山歩きが目的だったので、安く泊まれることを重視して民宿にしました。草津温泉バスターミナルからは歩いて行けますが、路地裏にあるので、ちょっと散歩も兼ねて、道…

温泉旅と高速バス 中央道方面

温泉旅で利用してきた高速バスのご紹介を何度かしてきましたが、今回は中央道方面の高速バスについて書いてみます。関越道と同じで渋滞が多い道なので、時間通りに着くことが期待できないというデメリットもあるにはありますが、その分安くて利用しやすいと。

2泊3日のひとり旅 鹿教湯温泉・霊泉寺温泉('09)

少し前の話になりますが、2009年の暮れは丸子温泉郷を堪能しました。繰り返し訪れている温泉地は、だいたいどこに何があるのか分かるので、気持ち的に楽ではあります。 丸子温泉郷の紹介記事はこちらです。 yu-snfkn.hateblo.jp

温泉旅と神社

温泉宿に泊まってのんびりするのがスタイルですが、そればかりだと時々飽きてくるので、観光要素を入れたりしています。その一環?で、2015年から行った先々で、神社にお参りしていこうと決めました。神社ですから、日本のあちこちにあります。神社にお参りし…

福島県 湯の花温泉 民宿北の家('13)

※温泉地にある宿ですが、宿のお風呂は温泉ではありません。念のため。 数年前まで、尾瀬とその近辺の山々に繰り返し足を運んでいた時期があったのですが、今回の「湯の花温泉」、行き帰りのバスの車窓から気になっておりました。そこで、尾瀬近辺の山「田代…

新潟県 湯之谷温泉郷のご紹介(折立温泉・栃尾又温泉)

シリーズ温泉郷の3つ目は、新潟県は湯之谷温泉郷のことを紹介してみます。湯之谷温泉郷の温泉を麓側から並べてみると、薬師温泉→葎沢(むぐらさわ)温泉→芋川温泉→折立温泉→大湯温泉→栃尾又温泉→駒の湯温泉→銀山平温泉、と、並びます。そのうち、栃尾又温泉、…

福島県 湯岐温泉 山形屋旅館('16)

湯岐(ゆじまた)温泉は福島県南部にある湯治場で、温泉がぬるくて長く入れるという、私が好きそうなタイプの温泉地で気になっていました。ただ、最寄駅から温泉地までのバスが平日のみの運行で、土日はタクシーを使うしかないということで、長らく候補止まり…

温泉旅と特急列車 日光・きぬがわ号

先日、ネットのニュースを見ていたら、来年から東武線に新しい特急列車が走るそうで、そのうち「リバティ会津」という特急が、浅草から鬼怒川温泉のさらに先、会津田島まで行くようです。 http://www.tobu.co.jp/file/pdf/28648073042d98f06de9de47a8ffb5c9/…